ホームページのデザイン担当のCSS

>

ホームページ作成に何よりも必要なのはHTMLです。文字のサイズを変えたり、テーブルを作ったりと基本的な事はHTMLで出来ます。しかし、文字の色を変えたりテーブルの一部の項目のみ背景色を付けたり、画像をスライドショーのように動きのある状態にするにはCSSが必要になります。
CSSは言わばホームページのデザイン担当です。HTMLで記述した要素のレイアウトを指定したり、全体的なデザインを施します。HTMLだけでもホームページは作成出来ますが、見た目がかなり殺風景になってしまうので、CSSで整えると見栄えが良くなります。
CSSはHTMLとセットで扱われます。例えばHTMLで指定されている段落の行送りを調整したり、文字の色や背景を指定する等の役割があります。HTMLの内容に添ってレイアウトやデザインを作って行くので、CSS単体では何の働きもしない為、この点は注意が必要です。
HTMLとCSSをセットで学んでおくと、ある程度は自由自在にホームページを作れるので、是非両方の知識を取り込む事をお勧めします。

By