ホームページの制作とブランディング

ホームページの制作は企業や個人のブランディングにつながると考えられます。ブランドというと、高級ブランドをイメージする人が多いかもしれませんが、ブランドとは中小企業や個人にも成立するものです。ブランディングとは、「人の頭の中にあるイメージを作りだすこと」だと言えるかもしれません。
中小企業や個人の場合、ブランドというと難しく考えてしまうかもしれませんが、ブランドとは一つ一つのものが積み重なって構築されるものです。たとえば、お客様への対応から、商品のパッケージまですべてがブランディングにつながります。
ホームページを制作すると、お客様に自分たちが伝えたいイメージを伝えることができます。たとえば、お客様は商品の原材料の情報だけでなく、商品が生まれた背景や作り手の想いなども知りたいと考えています。そういった情報を一つ一つ丁寧に伝えられる場所がホームページだと言えるかもしれません。自分たちには当たり前だと思っていた情報を一つずつ形にして、丁寧な方法で伝えるのがホームページの役割だと考えられます。

記事一覧へ