「ソースの表示」を利用し、良いHTMLソースを学ぶ

世の中には、シンプルで洗練されたホームページが沢山あります。
ホームページ作成の色々な場面で、行き詰ったり、上手く行かない時はどうされていますか? そんな時、好きなページのソースを見て、参考にするのもひとつの方法だと思います。

ブラウザにより若干変わりますが、IEの場合はホームページ上で右クリックし、「ソースの表示」のメニューをクリックするとホームページのソースを見ることができます。
もちろん、流用したりするのは、著作権法上違法になり、犯罪になるので絶対にやってはいけません。しかしホームページ制作側としては、ホームページを公開した時点で、ソースも他の人に見られるのはわかっています。

見せていただき、参考にするであるとか、自分のパソコンに保存して学習するのは大丈夫ですので、ぜひ自身の向上のためにも利用されてはいかがですか。
保存した場合は、外部パスをHDD上のパスに変更するのをお忘れなく。大きなサイトですと複雑でわかりにくいので、適当な大きさのサイトで試されるのをお勧めします。

記事一覧へ