ホームページの目的に合わせたレンタルサーバー会社を選ぼう

デザインや機能を考えホームページ作成ができたら、インターネットで公開する準備に入ります。個人のパソコンでホームページ制作中は、まだインターネットサーバーにアップされていない状態です。

インターネットにアップロードするためには、レンタルサーバー会社との契約が必要になります。
レンタルサーバーは無料のものと有料のものがあります。個人的なブログなどで閲覧者が限られるような場合は無料サーバー、商用や不特定多数の閲覧者を想定している場合は安定した有料サーバーを利用するなど使い分けてもよいでしょう。

無料サーバーは「fc2」や「Yahoo」がメジャーで手軽に利用できますが、広告がついたり表示が遅かったりとデメリットも多いです。また、独自のドメイン設定ができない場合が多く長いURLになることもあります。検索にかかりにくく、商用には不向きです。

有料サーバーは「ロリポップ!レンタルサーバー」や「カゴヤ・ジャパン」など多数の会社があります。月額料金の比較だけでなくHDD容量やドメイン数、データベース数などそれぞれのスペックをきちんと比較しましょう。
どのような目的のホームページなのか意識をしてサーバー会社を決めることが必要になります。

記事一覧へ