ホームページを閉鎖する必要があるとき

多くの人が支持されるサイトを作っていくためには、定期的にコンテンツを見直していく対策が必要となります。企業サイトで優良な紹介ページを作った後でも、数年後に見直してみると修正が必要な箇所が出ている可能性があります。

特に、最新情報を掲載しているページには、現在のあるべき情報と相違点が見つかる可能性が高いのです。そのあたりのサイトメンテナンスを定期的に行う事で、ホームページの鮮度を維持する事ができます。

多くの場合、何らかの情報を求めてホームページに来る人が多いはずなので、その人が求めている情報を間違いなく伝えるコンテンツがあるかどうかがポイントとなります。

その点から考えていくと、鮮度の高い情報を伝えることが出来ない場合、サイトを閉鎖する考え方も有効です。間違った情報を多くの人に与えるよりも、その情報源を早いうちに止めておくことも良い選択となるのです。

このあたりの、ホームページの制作とメンテナンス、閉鎖に関する情報は細心の注意が必要です。

記事一覧へ