ページ内の余白の設定を見直すように

サイトにお客さんを誘導するためには、どこからお客さんが流れてくるのかを細かくチェックしていく対策が必要です。多くの場合検索エンジンからの流入を考える事になるため、そのページのキーワードがポイントとなります。

どのようなキーワードでそのランディングページにたどり着くかを想定し、必要なコンテンツをまとめる対策が重要です。

そして、ホームページの最も重要なページに移動させるために、ページ内の最も見やすい位置にクリックしやすいリンクを設定するようにします。このような誘導しやすいレイアウトを採用することが重要であり、このあたりはホームページ制作の最初の段階で検討すべき内容です。

ある程度のページ内容や、内部リンクのあり方を構成できた後には、実際に似たようなサイトのページのスタイルと比較していきます。ページ移動のボタンが見にくい位置にあったり、余白が少なすぎてゴチャゴチャしているなど、マイナス部分を見つけて常に修正していく対策が必要となります。

記事一覧へ