表示スピードが遅いサイトは問題である

ホームページを作成するときに、スマホのレイアウトでサイトが綺麗に表示されているかチェックする事は重要な作業となりますが、この時レスポンスにも注目すべきです。

スマホで表示する際に読み込み時間にかなり時間がかかってしまう場合、多くの人は離脱してしまう可能性が高いのです。待つ事ができるのは3秒程度だと言われているので、その時間でトップページの主要な部分が表示される必要があります。

その時間に表示できない場合には、レンタルサーバーの移動を考慮したり、トップページに掲載するコンテンツのデータ量を削減する等の対策が必要となります。

見栄えが良くて綺麗なホームページを作る為には、大きめのアイコンや写真などを掲載することが多くなりますが、見栄えが良くなるにつれてレスポンスは下がってくる可能性が高いため、そのあたりの調整を細かくやっていく対策が必要となってきます。

Web制作の最初の段階で、画像やその他の重いコンテンツの量を制限する決まりを作っておくべきです。

記事一覧へ