ホームページ制作のコーディングは難しくない?

 これから、ホームページを作っていこう、もしくは、ちょっとでも作ってみたいと考えたことのある人は、「コーディング」で詰まった経験があるのではないでしょうか?
 「コーディング」とは、ホームページの概要をデザインした後の、実際にホームページを作成していくプログラムを作っっていくことをさします。
 一般的に、ホームページではHTML、CSS、PHP、javascript等のプログラミング言語を利用して記述していきます。
 特に、文系出身の方は「プログラミング」なんて聞いただけでアレルギー反応を示す人もいるかもしれませんが、実際のところそんなに難しい事では無いのです。
 「HTML」これに限って言えば、プログラミング言語のうちでも特に勉強しやすい分野になります。基本的な文法が単純であることと、ホームページの簡単な骨組みをなしている機能しかないことが理解しやすい理由です。
 最近では、自動でHTMLを記述してくれる機能を持ったアプリケーションもあるので、そんなに敷居は高くないですよ。

記事一覧へ