ホームページの制作はブラウザを確認する

Webサイトが閲覧される環境は、色々な状況が考えられます。必ずしも1つだけとは断言できませんから、注意が必要です。
例えばブラウザなどが挙げられます。ホームページを閲覧する為のブラウザは、1種類だけでは無いでしょう。そうかと思えば、もちろんOSも色々あります。その多彩な環境を意識して、ホームページの制作を行うのが望ましいでしょう。
例えばあるWebサイトAの場合は、閲覧可能なブラウザは1種類だけだとします。それに対して別のサイトBの場合、非常に多種類なブラウザで閲覧できる状況です。ほとんど全てのブラウザで閲覧できるサイトだとします。
サイトを閲覧する方々からすれば、やはりBの方を高く評価するでしょう。Aのようにブラウザが限られてしまえば、閲覧者数も限定されてしまいます。
ですからサイトを制作する時には、多くのブラウザで閲覧できるかどうかを、よく確認しておくと良いのです。ユーザーに対するやさしさなどは、常に心がける方が良いでしょう。

記事一覧へ