ホームページ制作におけるマーケティングとブランディング

3C分析や4P分析といった一般的なマーケティングフレームワークを利用する事で、市場理解や自社分析に役立つと言われています。ブランディングは、ホームページも合わせて、企業や製品における一貫性が必要な戦略的取り組みで、自社のCIやVIの理解を深める事が肝要です。Webやノンデジタルであってもブランドイメージが統一されている事は基本的ですが、重要です。ホームページを制作することのメリットは多くありますが、社内に対しての効果も非常に大きいと言えます。従業員のモチベーションが上がるようなホームページは、採用にも効果がある事なので、制作の考え方も大事と言えます。

記事一覧へ