懲りすぎないことで表示差の少ないホームページはできあがる

ホームページは見やすさだけでなく、デザインにこだわりたいケースも多いですが、あまり凝ったものにしすぎてしまうのもいけません。
なぜならサイトの表示はブラウザやOSなどで若干の誤差があり、すべての環境で同じように表示するのはとても難しいことです。
特に最近はディスプレイサイズによってコンテンツの並び順が変化するスタイルも人気があるので、チェック作業は綿密に行う必要があるのです。
また閲覧者側のブラウザの設定でフォントサイズを変更している場合など、サイトコンテンツの崩れが起きる原因となってしまいます。
そのためなるべくならシンプルなサイトを目指して制作をする方が、あらゆる環境での誤差が少なくなります。
画像が表示されない場合も想定してテキストでのリンクも含めるなど、予想外を考えてつくらないといけません。
ホームページの制作は自身の環境できれいに整っていたからといって、終わりにしてはいけません。
できるかぎり様々なブラウザ、OSやバージョンで確認することが閲覧者にとっての快適さに直結します。

記事一覧へ