html5になって変わった事

特に大きく変わったのはトップによくある、画像スライダーでしょう。以前はflashというソフトを使ってました。しかしこのソフト、相当重たい上にスマートフォンで使えなくなり丁度5~6年くらい前に岐路に立たされました。

そこでjavascriptで色々、これに代わる画像スライダーをクリエイターは独自で開発したりして、今でもこれらが使われたりしています。丁度そのころhtml5というのが出現し、ビデオタグというのも出現しました。

最近多いのは、会社の様子を動画で撮影したり、あるいはドローンで撮影した映像をトップ画像として使用する。というのが流行っているように思えます。ページ全体を動画にして、時間で、location.hrefで時間で移動したり、 で、引っ越しの技術を応用したり様々です。同時にこうした動画加工の技術も、これからのWEB業界では問われる結果になっていると言えるのではないでしょうか。

記事一覧へ