レスポンシブで印象を変えずにスマホ用ホームページを作る

スマホの普及によってパソコン向けデザインから切り替えを迎えているホームページですが、パソコン用とスマホ用の2つのサイトを制作するのではなく、レスポンシブに注目が集まっています。
自動でパソコンかスマホかを画面サイズで認識して切り替えてくれるので、サイトを一つのHTMLとCSSで簡単に管理できるところにメリットがあります。
レスポンシブはスマホからの閲覧者にとってサイトのイメージをパソコン用とさほど違わず確認できるので、サイトデザインでまったく別物になることもありません。
制作するのにはコードを書き足すことでできますが、ホームページの内容によってはパソコンのもデザインでもいい場合もあります。
例えばページの見せ方にこだわりがある場合など、コンテンツの配置が違ってしまうとそれだけ与える印象は変わってしまいます。
どうしても画面サイズが大きいパソコン向けの方が情報量多く、閲覧者に提供できるので、レスポンシブにするかどうかはホームページのデザインやコンテンツに左右されます。

記事一覧へ